外壁改修

外壁改修

外壁改修

日本は多雨多湿な気候によって、建物が厳しい自然環境にさらされています。
定期的にリフォームを行うことによって建物自体の寿命が大幅に伸ばすことが可能になります。

ヒビ割れ(クラック)補修

モルタル外壁のクラックは、外壁のあらゆる箇所に生じる可能性があります。 クラックの発生する種類は以下のようなものがあります。

ヘアークラック(0.2mm以下)

表面素材が経年による乾燥などによる表面的なひび割れで、巾が狭く奥行きも浅いため、雨水などが内部へ侵入しない程度のひび割れです。

構造クラック(0.2mm超え)

表面からではなく内部側からの影響で発生したもので、建物の構造(骨組み)からの影響になります。

開口クラック

開口部周辺に入るクラッです。一般的な構造クラックに比べると開口部周辺に限られ、ナナメ方向にクラックが発生します。 クラックを放っておくと内部に水が入り、建物構造材が腐食してきますので早めの補修をおすすめします。

美観修繕

大気中の汚染物や外壁の鉄部の腐食面に付着するサビ色の鉄粉・シーリング材のにじみなど、塗膜や凸凹部に付着・堆積し、雨水などの水滴により運ばれ、筋状に汚れてしまいます。

修繕の際は、洗浄、塗装するだけではなく、原因ともなるサビやシーリング材のにじみに対しても、適切な処置を行いましょう。

剥離補修

年月の経過による劣化や塗装の際の素地調整不足、下塗り塗料の過度の硬化による塗膜表面のワレなどが原因で付着力低下を引き起こし、 外壁から塗膜が浮き上がり剥がれていきます。放っておけば外壁から内部に水が入り、建物構造材が腐食してきます。

目地割れ補修

シーリング材は、建造物の気密性・水密性を保つために非常に重要な役割を果たすものです。明らかなシーリング材の割れだけでなく、 指で押したときに弾力がないなどの症状が見られれば劣化が起っています。こちらも放っておけば水が浸入し建物構造材が腐食してきます。

  • 塗装工事
  • 外壁改修
  • 防水工事
  • 概要

お問い合わせ先